toggle

院長/自己紹介

院長ごあいさつ

寺尾真弥

西脇の地で開業して19年目を迎えました。 人生「人の出会いと挑戦」とよく言いますが、本当にたくさんの人々に支えられてここまでやって来れました。
現在も両親や私たち家族がお世話になっているこの地域に対して、少しでも役に立てるよう、感謝の気持ちを忘れず、これからも精進して行きます。

院長略歴

1971年 西脇市で生まれる。 県立社高等学校卒業後、恩師坂口昇先生の紹介にて日体柔整専門学校に入学。
同時に昭島名倉堂接骨院(東京都昭島市)にて湯浅進院長のもとでインターンを開始し、7年間の修行を終え、西脇に戻る。
1997年 5月 名倉堂 寺尾接骨院 開院 開業後、より患者さんの痛みをとり、喜んで頂く為にカイロプラクティク、オステオパシー、小林式背骨矯正法、耳ツボ痩身法、姿勢整体、マッケンジー法などを修得し、現在に至る。
(財)兵庫県柔道整復師会会員
・西脇柔道協会理事  ・(社)日本姿勢医学協会副理事

 

西小おやじの会

西小おやじの会は、西脇小学校生の保護者、先生、地域の方々を中心としたメンバーで構成されています。子どもたちの健全な育成を目的とし、活動を通じて新たなコミュニティーの場となっています。

まずは大人が本気で楽しみ、それが子どもたちに伝染していくことを目指しています!

おやじの会

自分と身近な人々及び地域の様々な場所,公共物などとのかかわりに関心をもち,
地域のよさに気付き,愛着をもつことができるようにするとともに,
集団や社会の一員 として自分の役割や行動の仕方について考え,行動ができるように心がけています。